先天性股関節脱臼の治療法である牽引療法って?

pexels-photo-733881.jpeg先天性股関節脱臼は現在リーメンビューゲルと呼ばれる装具を着けて治療することが赤ちゃんにもお母さんにも負担が少なく、一般的です。

しかし、リーメンビューゲルを1ヶ月装着しても治らない場合や、かなり高度な脱臼の場合には、入院して牽引療法を行う必要があります。牽引療法はどのような治療法なのでしょうか。開排位持続牽引整復法について実体験に基づきご紹介します。

続きを読む