1歳の身長体重の平均は?1歳の子の発達や関わり方とは?

adorable baby blur chair

Photo by Pixabay on Pexels.com

1歳になると、赤ちゃんは大きく成長して目が離せなくなります。1歳の誕生日は、赤ちゃんだけでなくお父さんやお母さんにとっても特別な1日となります。

しかし、1歳の赤ちゃんの成長は個人差がとても大きいので、不安になるお父さんやお母さんも多いです。

今回は、1歳の赤ちゃんの成長や特徴についてご紹介します。

◆1歳の子の身長や体重は?

adult baby book boy

Photo by Rene Asmussen on Pexels.com

1歳になると赤ちゃんの身長は生まれた時と比べて1.5倍になり、体重は3倍になります。しかし、1歳になると歩ける子も増えて、運動量が増えてくるので体重の増加量が大きくなくても心配要りません。

今までふっくらとしていた体型からきゅっと引き締まった幼児体型に変わってくるのも1歳前後からです。

1歳の子の身長の目安としては、男の子であれば70.3~79.6cm、女の子であれば68.3~77.8cmです。

1歳の子の体重の目安は、男の子であれば7.7~11.0kg、女の子であれば7.2~10.5kgとなっています。

◆1歳になると意味のある言葉を話すの?

1歳ごろになってくると「わんわん」や「まんま」など簡単な言葉を発する子が増えてきます。「わんわん」や「まま」などの1つの単語を話すことを「1語文」といいます。

1歳になると1語文を話すと育児本や母子手帳に記載されていますが、言語発達は個人差が大きいですので、1歳になって言葉を発さなかったとしても過度に心配しすぎないようにしましょう。

言葉を発さなかったとしても大人の言っていることを理解できているようであれば大きな問題はありませんので、子どもの様子を見守ってあげるようにしましょう。

あかちゃんごおしゃべりえほんは、赤ちゃんの言語発達を促すときにおすすめの絵本です。わかりやすいイラストや文で赤ちゃんの言葉を促します。

赤ちゃんが話し出す時期はいつから?おすすめの絵本も紹介!

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
Amazonはこちら

頭のいい子を育てるプチ あかちゃんごおしゃべりえほん

楽天はこちら

頭のいい子を育てるプチ あかちゃんごおしゃべりえほん (頭のいい子を育てるプチ) [ かしわらあきお ]
▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲

◆言葉の発達を促すにはどうすれば良いの?

baby-child-cute-doll-41307.jpeg

1歳になって言葉を喋らないといった場合、気にしなくても良いと言われても気にしてしまうお母さんも多いです。

言語発達を促すためには、コミュニケーションの機会を増やしてあげたり、絵本などで言葉を聞く機会を作ってあげるようにしましょう。

お出かけして他の子と遊ばせてみたり、お母さんの友達など知らない人と関わってみることも良い刺激になります。

テレビは悪影響があると言われることも多いですが、多くの言葉を聞くきっかけ作りとなります。テレビばかりみているのは問題ですが、家事の合間にテレビを見せてあげるのも良いでしょう。

amazonプライムであれば、赤ちゃんが喜ぶビデオが見放題です。赤ちゃんが大きくなっても見れるビデオもありますし、お母さんが育児の合間にこっそりビデオを見ることもできます。Amazonで買い物をする場合は、送料が無料になるのでこの機会に登録してみましょう。
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
amazonビデオはこちら
amazonファミリーはこちら

▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲

◆1歳の子の関わり方

woman holding baby while sitting on fur bean bag

Photo by Daria Shevtsova on Pexels.com

1歳の子は大人の言っていることを理解できてくるようになる時期です。お母さんやお父さんは、子どもとやり取りができるのが嬉しいので、子どもがやろうとしていることや言おうとしていることを先どって行ってしまいがちです。

しかし、お父さんやお母さんが子供のしたいことを読み取って先にしてしまうと、子どもが自分から言葉を発したりする機会を奪ってしまい、言葉の発達が遅れてしまうことに繋がります。

子どもの要求がわかっていたとしても、大人のペースで読み取るのではなく、子どものペースに合わせてみるようにしましょう。

◆1歳の子の運動発達は?

1歳になると歩けるようになると認識している人も多いですが、1歳になっても歩けないという子も多いです。

1歳の子の移動手段としては、ハイハイで移動することのほうが多いという場合もあります。早く歩いてほしいという気持ちもありますが、ハイハイで移動することによって、手足だけでなく体幹など全身の筋肉を使って運動することができるので、ハイハイする期間が多くても問題はありません。

つかまり立ちや伝い歩きをしているのであれば、順調に成長しているので見守ってあげましょう。1人でしっかり立てるようになれば歩き出すまでもうすぐという合図です。

1歳のおもちゃとしては、押し車がおすすめです。押し車の中でも積み木がセットになっているものであれば、歩けるようになっても遊ぶことができます。
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
Amazonはこちら

I’mTOY ウォーカー&ライド カウ

楽天はこちら

ワンダーワールド ファイアーエンジン・ウォーカー 1才 TYWW1523 wonderworld 手押し車 赤ちゃん 押し車 積み木 木のおもちゃ 1歳 知育玩具 消防車 お誕生日プレゼント プレゼント
▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲

◆1歳になると大人と同じものが食べられるの?離乳食はどうする?

LISA78_ookinaokuchidea-n20141018103629_TP_V4

1歳になると3回食が軌道に乗ってきます。しかし、まだ歯も数本しか生えていませんので、柔らかいごはんや短い麺類などの柔らかい食材を食べさせてあげましょう。

離乳食をしっかり食べなかったとしても、母乳やミルクをしっかり飲んでいれば大きな問題はありません。

離乳食を少しでも食べてもらって食べる練習を行いましょう。離乳食を食べない場合は、食べてくれる離乳食を探してみましょう。母乳育児の子の場合は、おかゆやハイハインなどのお米の味が食べやすいので試してみましょう。
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
Amazonはこちら

亀田製菓 ハイハイン 53g×12袋

楽天はこちら

ハイハイン 53g【お菓子】

▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲

◆1歳になったら仕上げ磨きを始めよう

d1177dd7-1032-42b3-871b-0afb0d40d171

1歳になって歯が生えてくると、仕上げ磨きが必要となってきます。しかし、赤ちゃんは歯磨きを嫌がる子が多いです。

優しく声掛けを行ったり好きなおもちゃで遊ばせながら行えると良いのですが、それでも歯磨きが難しい場合は、歯磨きシートから始めてみましょう。

歯磨きシートの中には、ほんのり甘い味がするものもあり、お母さんの指であれば赤ちゃんも受け入れてくれることが多いです。

赤ちゃんの歯磨きはいつから始めればいいの?歯磨きを嫌がる赤ちゃんになる前にすること!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
Amazonはこちら

にこピカ 歯みがきシート ベビー 30包

楽天はこちら

和光堂)にこピカ歯みがきシート(60包)【セール】

▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲

◆1歳の誕生日をお祝いしてあげよう

pexels-photo-236220.jpeg

1歳の誕生日には、ケーキを食べさせてあげることは難しいですが、その分運動発達に合わせたおもちゃや身体に合った洋服などさまざまなものをプレゼントしてあげることができます。

1歳の記念として写真を撮ってあげるのも良いですね。キッズ時計であれば、無料でプロのカメラマンに撮影してもらえるのでおすすめです。

キッズ時計、今すぐ無料応募!

これから歩けるようになり、どんどんと成長していく時期です。1歳の誕生日を楽しくお祝いしてあげましょう。










赤ちゃんとお母さんの絆をつむぐことができるお手伝いができるような情報を配信していきます。
ブログランキング参加してます!1クリックお願いします!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

育児ランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中