先天性股関節脱臼の治療法である牽引療法って?

pexels-photo-733881.jpeg先天性股関節脱臼は現在リーメンビューゲルと呼ばれる装具を着けて治療することが赤ちゃんにもお母さんにも負担が少なく、一般的です。

しかし、リーメンビューゲルを1ヶ月装着しても治らない場合や、かなり高度な脱臼の場合には、入院して牽引療法を行う必要があります。牽引療法はどのような治療法なのでしょうか。開排位持続牽引整復法について実体験に基づきご紹介します。

◆牽引療法第一段階

すいへい修正

↑写真が暗くて申し訳ありませんが、このような形です

まず牽引療法は、足を真っ直ぐに伸ばすことからはじめます。先天性股関節亜脱臼になっている赤ちゃんは、股関節の位置が奥や上方にずれてしまっていることもあります。

その状態が長期間続くと筋肉がその位置で固まってしまい、将来的に股関節が変形してしまう危険性があります。そのため、まずは固まっている筋肉を伸ばしていく作業を行います。水平牽引を行う期間は、約2週間~4週間です。

しかし、脱臼の程度が強かったり、月齢が進んでいる場合には2ヵ月や3ヶ月要する場合もあります月齢が低くてもリーメンビューゲルで整復されなかった赤ちゃんの場合、股関節周囲の筋肉が強く固まってしまっていることもあり、水平牽引に時間を要すこともあります。

◆水平牽引の方法は?

水平牽引はどのように行うのでしょうか。病院によって異なる点はありますが、私がいた病院では、まず赤ちゃんの足にストッキネットというストッキングのような包帯を履かせます。これは皮膚トラブル防止のためです。

水平牽引だけでなく、牽引療法中に包帯が錘に引っ張られてスポンと抜けてしまう事があります。1回だけならまだしも、1日に何回も抜けてしまうことがあります。これが何回も繰り返されることで、赤ちゃんの皮膚がこすれて酷い場合水ぶくれになってしまいます。これを防止するためにストッキネットを使用していました。

ストッキネットを履かせて軽く弾性包帯を巻いた後にトラックバンドという牽引用のバンドを赤ちゃんの膝を挟むように配置し、トラックバンドも弾性包帯で巻いていき、テープで包帯を止めます。

ストッキネットなどで肌トラブルを防止しても、弾性包帯を取ると肌が乾燥しており、掻いてしまうことが多いです。●トピタなどで保湿してみましたが、効果がありませんでした。少し高価になっても品質の良い保湿クリームを塗ってあげることをおすすめします。アロベビーは、伸びやすくべたつかないおすすめのベビーローションです。たっぷり入っているので、気兼ねなく使えます。



最後にトラックバンドに牽引用の金具を取り付けます。牽引用の金具の先には錘がついています。錘は赤ちゃんの体重の約半分の重さです。1週間や2週間に一度レントゲンを撮影して、大腿骨頭の位置が下がってきて筋肉が伸びていると医師が判断すれば、第二段階に進みます。

◆牽引療法第二段階

かいはいしゅうせい

第二段階は開排牽引と呼ばれ、赤ちゃんの足を開いた状態で牽引します。水平牽引では弾性包帯を大腿から下腿にかけて広い範囲巻いていきますが、開排牽引は大腿部の付け根から膝関節までの短い範囲を弾性包帯で巻いていきます。

弾性包帯を巻いた後は赤ちゃんの足がM字になっているかどうかを確認しましょう。水平牽引とは異なり、スポンと抜けてしまうことは少なくなりますが、包帯が緩くなって膝の関節部分に食い込んでしまうことはありますので注意しましょう。

開排牽引では、筋肉を伸ばして、開排位を取ることで、大腿骨頭の位置を骨盤の臼蓋に近づけていきます。

開排牽引は、水平牽引よりも赤ちゃんにとっては自然な肢位となるので、ご機嫌が良い日も多くなります。しかし、脱臼していた状態が長いので、大腿骨頭が臼蓋に入る感覚に慣れずにぐずる赤ちゃんもいます。

開排牽引は2週間から3週間行われます。超音波エコーで骨の位置を確認していき開排角度の調整を行います。

◆牽引療法第三段階

開排牽引で良い位置にまで大腿骨頭が移動すれば、錘を減らしていきます。この段階になれば、退院時期や予後が明らかになります。

牽引療法の後はギブスかリーメンビューゲルを装着して退院となります。大腿骨頭が臼蓋に入っている状態が安定していればリーメンビューゲルを装着して退院できますが、不安定であればギブス固定となります。

◆牽引中のオムツはどうすれば良い?

baby-cloth-clothing-color-41165.jpeg

水平牽引の時は難しいですが、開排牽引中であれば牽引しながらオムツ替えも可能です。ご機嫌よく牽引できていれば、牽引しながらオムツ替えをするのが良いでしょう。牽引中はオムツ替えしにくいので、なるべくしっかり吸収してかぶれにくいオムツがおすすめです。

また、オムツは替えやすいようにやや大きめサイズでテープタイプのものがおすすめです。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
パンパース 肌へのいちばん

パンパース 肌へのいちばん パンツ ウルトラジャンボ Mサイズ 58枚×3パック (174枚入り)【uj1】【イチオシ】【pgstp】

価格:4,620円
(2018/5/7 16:21時点)
感想(41件)


パンパース 肌へのいちばん
▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲

パンパースの肌へのいちばんは他のメーカーのオムツよりも大きく、しっかり吸収してくれます。肌触りもよく、おしりもかぶれにくく牽引中におすすめのオムツです。

◆牽引って赤ちゃんに痛みはないの?

S__67616770

赤ちゃんの体重の半分の重さで引っ張るなんて赤ちゃんは痛くないのかと心配になるお母さんも多いです。不思議なもので不快感はあっても赤ちゃんに痛みはありません。

牽引は1日中行うわけではないのですが、1日何時間引っ張るという目安はなく「できるだけ引っ張ってください」という指示なのでなるべく赤ちゃんを牽引することになります。

痛みは無くても常に違和感はあるので赤ちゃんはぐずっていることが多いです。床で遊ぶなどは行えませんので、お母さんが隣で一緒に横になって一緒に絵本を読んであげるのがおすすめです。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
あらかわしずえ 絵本

なあになあに (新装版はじめてのあかちゃんあそびえほん) [ La Zoo ]

価格:734円
(2018/5/7 16:27時点)
感想(2件)


あらかわしずえ 絵本
▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲

あらかわしずえさんの絵本シリーズは手頃な大きさで軽いので、持ち上げながら読んでいても疲れにくいですし、一枚一枚が分厚いので、赤ちゃんでもめくりやすいです。なあになあに、みいつけたなどシリーズもたくさんあります。

眠りも浅く、夜間もすぐに起きてしまいます。赤ちゃんもお母さんも寝不足でストレスが溜まります。パパや友達などにお見舞いに来てもらったり、赤ちゃんとお散歩に出かけて気分転換を図りましょう。

ブログランキング参加してます!1クリックお願いします!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

育児ランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

先天性股関節脱臼の治療法である牽引療法って?」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中