離乳食はいつから始めるの?進め方や冷凍保存の方法もご紹介!

LISA78_ookinaokuchidea-n20141018103629_TP_V4

生後5ヵ月~6ヶ月になれば、離乳食が始まります。生後5ヵ月になれば、赤ちゃんはお母さんやお父さんと一緒に遊びたいという意欲が出てきたり、手でおもちゃなどを握れるようになってきます。

しかし、実際にはどうやって離乳食を始めていけば良いのか、冷凍保存できるのかなど離乳食に対して疑問に思うお母さんも多いです。今回は、離乳食の進め方や注意点についてご紹介します。

◆離乳食はいつから始めたら良い?

pexels-photo-421884.jpeg

一般的に生後5ヵ月~6ヶ月になれば、離乳食を始めても構わないとされています。月齢以外の基準としては、

・大人がご飯を食べているとよだれをたらしたり、口をぱくぱくして興味を示している
・よだれの量が増える
・離乳食用のスプーンを嫌がらない
・お母さんやお父さんが少し支えてあげると座ることができる

という特徴が見られたら離乳食を始めても良いでしょう。スプーンを口に近づけたときに泣いてしまったり、嫌がって口を閉じるようであれば、もう少し離乳食を始める時期を遅らせましょう。

☆お座りに関してはこちらの記事もおすすめ!☆

◆離乳食初期の進め方

pexels-photo-921299.jpeg

離乳食は、10倍粥からスタートします。1日1回、小さじ1さじからはじめます。時間帯は午前中で、授乳の前に食べさせるようにしましょう。離乳食後には母乳やミルクを飲ませてあげます。

おかゆははじめ小さじ1ですが、3~4日かけて小さじ3まで食べるように促しましょう。嫌がるようであれば無理に食べさせなくても構いません。1週間たてば、野菜のペーストを追加しましょう。

2週間経てばたんぱく質を食べさせてあげましょう。お魚のすりおろしや豆腐を茹でてペースト状にします。

1ヶ月経過後は、離乳食を1日2回食べさせるようにしましょう。新しい食材は午前中、なれた食材を午後に与えるようにします。

◆離乳食の作り方

cooking-baby-only-kitchen.jpg

ご飯から作る場合には、電子レンジを使用すると便利です。ご飯10gに対して水50ccを入れて1分ほど加熱します。その後は、ラップをしたまま5分程蒸らしておきます。最後に裏ごしすれば完成です。

月齢が進めば、10倍粥から7倍、5倍という風に変化していきます。分量がわからない、計るのが面倒という場合には、おかゆポットを購入するのがおすすめです。分量を測定する手間もなく、炊飯器と一緒に炊くことで作れるので、大人の食事と一緒に作れて非常に便利です。

芯残りのないなめらかなおかゆが手軽に作れます
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

ピジョン 炊飯器用おかゆポット

価格:1,307円
(2018/4/5 16:27時点)
感想(21件)


▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲

野菜などは、大きめに切って電子レンジで1分程度加熱してからすりおろしたり、裏ごしを行います。にんじんやかぼちゃ、ほうれん草などがおすすめです。

裏ごしが面倒な場合には、ブレンダーを使用すると便利です。ブレンダーであれば、何日分かの10粥をあっという間に裏ごしできます。お粥だけでなくニンジンなどの野菜も柔らかく茹でて少し茹で汁を加えてからブレンダーすることですぐにペースト状にすることができます。

離乳食が終わってもジューサーとして使用することもできるので、離乳食を作る機会に購入しておくことをおすすめします。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

ブレンダー ハンドブレンダー 離乳食 送料無料 フードプロセッサー ミキサー マルチブレンダー スティックミキサー ハンディブレンダー ハンドミキサー スムージー メーカー ジューサー 生クリーム hm-804 チョッパー ホイッパー 嚥下食 介護食

価格:3,980円
(2018/4/5 16:29時点)
感想(13件)


▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲

◆離乳食の保存方法は?

離乳食の初期は食材を少量ずつ与えます。毎回少量ずつ作るのは手間がかかりますので、一気に作って冷凍保存しましょう。冷凍した食材は食べる前にレンジで過熱して解凍します。40~50秒ほどレンジで加熱した後、様子を見ながら10秒ずつ加熱すると良いでしょう。

水分が抜けてぱさぱさになってしまうようであれば、お湯やだし汁で伸ばして赤ちゃんが飲み込みやすいように調整してあげるようにしましょう。

やさしい出汁パック

冷凍する際には、製氷皿を使っても良いですが、赤ちゃんに食べさせるものですので、新しいものを購入してあげるようにしましょう。フリージング用の容器が使いやすくおすすめです。

製氷皿であれば、1つ1つの塊を取り出すのが大変です。リッチェルの保存容器は価格も安価で、冷凍後もすっきり取り出せます。色々な容量の容器がありますが、すべて同じサイズで上に重ねていけるので場所も取りません。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

【リッチェル】わけわけフリージング ブロックトレー 15ml・25ml・50ml【離乳食/ベビーフード/保存容器/小分け/小分け容器/小分け保存カップ/わけわけ/冷凍/保存/作り置き/フタ付き/ベビー用品/richell/あす楽】<メール便発送不可です。>

価格:281円
(2018/4/5 16:30時点)
感想(4件)


▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲

◆離乳食初期の注意点

離乳食初期は初めて赤ちゃんがミルク以外のものを口にします。離乳食後に嘔吐や下痢、発疹がでるようであればかかりつけの医師を受診するようにしましょう。また、離乳食初期は、ミルク以外の食べ物の味に慣れさせることが一番の目的ですので、嫌がるようであれば無理に強要しないようにしましょう。



◆離乳食の上手な食べさせ方

teaspoon-coffee-spoon-metal-eat-40561.jpeg
人にご飯を食べさせるといった経験をしたことがある人は少ないのではないでしょうか。実際に食べさせるとなれば、どのように食べさせれば良いのか不安になります。離乳食の上手な食べさせ方をご紹介します。

スプーンは、赤ちゃんの顔の正面、赤ちゃんがスプーンを目視できる位置から持ってくるようにします。スプーンを赤ちゃんの下唇から舌先にのせます。舌裏にスプーンを当てないようにしましょう。口の奥まで入れてしまうと、赤ちゃんが苦しくなるので辞めましょう。

なるべく赤ちゃんが自分で口を閉じるまで待ってあげるようにしましょう。閉じない場合には、優しく下あごを押して食べるサポートをしてあげましょう。スプーンを引き抜くときは、水平に優しく引き抜きます。

 

◆離乳食を赤ちゃんと楽しもう

 

pexels-photo-236220.jpeg

離乳食が始まると、お母さんは慣れないことばかりで慌ててしまいます。赤ちゃんも大人しく離乳食を食べるばかりではないので、イライラしてしまうこともあるかもしれません。赤ちゃんも始めてのことに戸惑っているだけですので、叱らないようにしましょう。

おかゆポットやブレンダーなどを活用することで、少しでも離乳食の負担を減らし、赤ちゃんと食事の時間を楽しめるようにしましょう。



ブログランキング参加してます!1クリックお願いします!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

育児ランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中